2004年06月04日

ラグビー日本代表の森田恭平選手

昨日夜中に仕事から帰ってテレビをみると、BSで先日あったラグビー日本代表対カナダ代表の試合をやってました。

んと、TOSHIBAスーパーパワーズ杯の決勝戦ですね。

見始めたのは、後半途中からだったんですけど、韓国戦のようなひどい内容じゃなかったですね。
特に、今回初キャップでスタンドオフ(いわゆる司令塔ですな)にはいった法政大学の森田選手

カナダの監督も「世界レベル」と褒めてましたが、ホントにキックもパスも攻撃センスも素晴らしかったっす。

そだ、試合はご存じのとおり、34対21で日本が勝ちました。

元神戸製鋼のミラーがいなくなって、若干不安に思っていたスタンドオフも、森田選手の登場で、逆に安泰になりますね。

次のイタリア戦が期待できますな。


posted by タロウ at 15:38| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。