2004年10月30日

横浜Fマリノス戦

3対1で久しぶりの勝利でした。

今日は小笠原が素晴らしかったですね。
セットプレーからですが、3点すべてに絡んでましたよ。
それから、岩政の秋田を彷彿とさせるような迫力のあるヘディングシュートがチームをのせていきましたね。
そう、心配していた青木もなかなかいい仕事をしてましたね。
とりあえず、内田とナラが戻ってくるまでは、右サイドは青木で大丈夫でしょ。

タダ心配なのが、次節の神戸戦
今日の試合で、本山退場、イエローカード3枚目が、鈴木師匠と小笠原と大岩
またまた主力が試合に出ることが出来ません。
まぁ、増田とかバロンが出れる目処が立ったみたいなので何とかなるかもしれないですが。。
posted by タロウ at 16:22| 宮崎 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

J1 セカンドステージ 第11節 鹿島アントラーズ vs 横浜Fマリノス
Excerpt: セットプレーから3失点。 これは自滅したと言ってもいいと思う。 1点目は前節も点を決めている岩政 大樹だった。 その彼がフリーになっていた。 さらにいうとその裏にも、もう一人フリーでいた。 ..
Weblog: Down by law
Tracked: 2004-10-31 13:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。