2004年09月30日

四国リーグ構想を正式発表

四国リーグの構想が正式に発表されたみたいですね。
参加する選手の給料がどうなるか等わからないですが、社会人チームが相次いで廃部する中、このような新しいチームが出来るのは、素晴らしいことだと思います。
四国リーグ構想を正式発表=プロ目指す若手で来春開幕へ
プロ野球オリックス元監督の石毛宏典氏による四国での新たな野球リーグ構想について、同氏は30日、高松市内で記者会見し、「各県1球団ずつのリーグ戦による独立リーグを来年4月から行う」構想を正式発表した。プロ野球を目指す若手を集め、実戦を中心とした技術向上の場を提供するとしている。
posted by タロウ at 18:50| 宮崎 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 新球団設立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■大泉オズさん
そうですよね。
成功を期待というか、成功してもらわないと今後独立リーグ自体が日本で出来るかどうかって問題にもなってきますしね。
私も、成功するよう、応援していきたいと思います
Posted by タロウ at 2004年11月04日 15:45
四国独立リーグは、各紙のコラムがジワジワ触れ始めているようです。ここのコラムにおいて広岡氏の発言として書かれているように、成功すること、を期待したいです(そうでないと、現状が維持されるにすぎない。)。

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/muguruma/news/20041014org00m050101000c.html


Posted by 大泉オズ at 2004年11月01日 14:36
を、
着々と準備が進んでいるってことなんでしょうかね。
選手がたくさん集まるといいですね。
あと、トライアウトってものを見にいってみたい気もします。
Posted by タロウ at 2004年10月28日 15:24
運営会社のサイトが開設されていました。

http://www.iblj.jp/index.html

トライアウトを実施するようです。
Posted by 大泉オズ at 2004年10月28日 01:31
関連するかわかりませんが、江本元参議院議員がアメリカの独立リーグに絡んでるみたいですねhttp://www.sponichi.co.jp/baseball/kiji/2004/10/26/09.html

Posted by タロウ at 2004年10月27日 21:00
全然関係ないところで、毎日新聞がアメリカ独立リーグ傘下の日本国内独立リーグが2006年にも始まるかもしれないという報道があったようです。
明日以降はリンク切れになってしまうかもしれませんが掲載しておきます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20041027k0000m050158000c.html

Posted by 独立リーグの話 at 2004年10月27日 18:27
■大泉オズ さん
>アメリカの独立リーグについて、丁寧に解説されているサイトがありました。
良くココまでしらべたって気がしますよ。
素晴らしいです。

>四国リーグのレベルの位置づけとしては
確かに、市原のアマチュアチームみたいな感じがありますね。
確証はないですが、アマチュアからトップの試合にでる選手もいたみたいですしね。
四国リーグからもそういう選手が出てくることを期待したいです。


Posted by タロウ at 2004年10月08日 13:28
アメリカの独立リーグについて、丁寧に解説されているサイトがありました。

http://www.rexj.net/sports/indy.html

四国リーグのレベルの位置づけとしては、競技が異なりますが、サッカーの「<a href="http://www.so-net.ne.jp/JEFUNITED/youth/le_ama.html">ジェフユナイテッド市原アマチュア</a>」が似ているような印象を受けます。
Posted by 大泉オズ at 2004年10月08日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。