2007年06月10日

興梠選手、初ゴール

興梠選手がやっと決めてくれました
鹿島FW興梠U22初招集で開花
初体験の瞬間は、高校時代のハイライトのようだった。U−22代表の鹿島FW興梠慎三(20)が大分戦でリーグ戦通算29戦目にして初ゴールを決めた。

以前、入団した年のFC東京戦を見に行ったときも、2回バーに当てる惜しいシュートがあって、近いうちに決まるだろうって思ってたんですけど、結構時間がかかりましたね。

あと、うれしかったのが、そのゴールのアシストが増田だったこと。

増田が鵬翔高校3年だったとき、冬の選手権の星陵戦で増田のパスを興梠が決めたことがあったと思うんだけど、形が違うとはいってもそれいらいの鵬翔コンビで決めたゴールじゃないのかな。

今度はこの二人がオリンピック代表で活躍できるよう頑張ってもらわないと。
posted by タロウ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。