2004年02月04日

ロッテ黒木が魂の走り

川崎の復活話をこの間書きましたが、本当に、復活してほしいのは黒木なんです。
今年こそ、勝利インタビューで涙する黒木の姿を見に行かないとね。
#ジョニー弁当も食べないとわーい(嬉しい顔)
ロッテ黒木が魂の走り/鹿児島
ロッテ 右肩痛からの復活を目指す黒木知宏投手(30)が魂の走りを見せた。この日、鴨池ドーム(室内練習場)でシャトルラン(約30メートルの距離を3往復し、それを2セット繰り返す)が行われた。第3組で登場した黒木は、1セット目は橋本将にトップを譲ったが、2セット目で逆転し、1位となった。終了後「もうダメ、話せない」と肩で息をする姿が、激走のあとを物語っていた。



posted by タロウ at 21:20| 宮崎 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、黒木にはホントに復活してもらいたいです。
なんせ、地元が全く一緒ですからねw。

荒木は、早稲田実業1年の夏、決勝戦で愛甲のいた横浜に負けたとき、かなり愛甲を憎んだ覚えがあります。
プロになって、なんとか復活したときは、うれしかったですねぇ。
これからは、西武の投手コーチとして松坂以外にもいい投手を育ててもらいたいです。
Posted by タロウ at 2004年02月06日 22:01
黒木の復活の可能性は予想が難しいところですね。
以前も復活と思わせるような劇的な連勝を続けながらリタイアしたので非常に心配です。
そういえば、かつて村田兆治、荒木大輔といった選手たちが肘の手術で苦労した(しかも移植した腱もダメになってしまい、再手術を余儀なくされた)とおぼろげに記憶しています。
荒木大輔は小さい頃の憧れの存在で、神宮第二球場で豊南高校との決勝戦をみた記憶があります。それと怪我から復活して神宮で初めて投げた際に「ブルペンの前にスタンドのファンが次々と集まってきています」というラジオ中継のアナウンサーの声を聞いて非常に感動した記憶があります。
Posted by Eliots26 at 2004年02月05日 14:47
今年こそ優勝だ。
間違いないっ!
Posted by 通りすがりさん at 2004年02月05日 01:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。