2006年10月17日

鳥越選手って引退なの?

南海ホークスの雰囲気を持った数少ない選手の大道がいなくなるだけでも悲しいのに、鳥越様まで引退とは。。
鳥越引退 18日に会見で表明
福岡ソフトバンクの鳥越裕介内野手(35)が今季限りで現役引退することが16日、分かった。あす18日にヤフードーム内で会見し、正式に表明する。


2003年の日本一の際、鳥越様に打点があると負けないという鳥越伝説
身長よりも低い打率
打率をあげるために種田選手のようながに股打法で克服

年代もほぼ一緒で、愛すべき選手だったのですが。。




まぁ、3年連続でのプレーオフ敗退からはい上がるためにも若手が伸びてくる必要はあるのですが、ここまでベテラン選手が抜けるとちょっとという気も。。
※小久保が復帰という話が本当になりそうだけど、正式に決まるまでは静観しないとね

実際問題コーチも大量に退団しているので、どう変わっていくかはわかんないですが、イイ方向に進んでくれることを祈らないと
ラベル:ホークス
posted by タロウ at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ホークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■大泉オズさん
たしかに言われてみると西武のパターンに似ていますね。

今年はダメでも我慢の年と思っていたのですが、これだと来年もまだ我慢しないとって感じですかね。

以前課題だった投手力がそろっただけに、ここ1〜2年でなんとか攻撃陣整うといいのですが。。



Posted by at 2006年10月19日 20:44
西武ライオンズが黄金時代を支えた選手から切替を図ったころに似ているのかも知れません。
入れ替わるようにホークスが台頭してきたと思います(一時的に仰木オリックスが強かったですが長続きしていない。)。
ホークスも新入団後5年以上経つ、そろそろブレイクしてもいいはずの選手が、騒がれたドラフト当時ほど伸びず、退団したり、トレードされるもアッサリ戦力外になるケースが多いように思います。
プレーオフ敗退は踏ん張りどころで、ぜひ新たな戦力の台頭もした上で、巻き返し、新しい黄金時代を築いて欲しいものです。
Posted by 大泉オズ at 2006年10月18日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。