2006年06月26日

次の監督の件

引き続き代表の監督話。

次の監督が千葉のオシム監督でほぼ決まりとのこと。
今までの流れが変わる監督じゃちょっとと思ってたので、なかなかいいチョイスなんじゃないかって思います。

ただ心配なのが、今回のワールドカップでも話の出ていた「走れない」ってところが、監督が変わってもなかなか変わっていかないんじゃないかって思うんですよね。

オシム監督が千葉でやっている「走る」サッカーってのは、クラブチームだからこそ、十分なトレーニング期間がとれ実現できるのであって、その時々で集まる代表では、なかなかその走力は養うことはできないんじゃないかと。。

そうすると、代表の現状を立て直し、次のアジア予選を勝ち抜き、ベスト16まで進出できるようにするには、クラブもいろんな意味で今まで以上に協力できる体制を整えないとまずいでしょ。

どうなるかはこれから詰めていくんでしょうけど、将来のためにもいい体制が整えられることを祈ってます。
posted by タロウ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジーコが退任

ワールドカップが終わったら、退任することになっていたジーコの退任会見があったもよう。
「悔いはまったくない」 ジーコ監督が退任会見
サッカー日本代表のジーコ監督は26日、都内で会見を開き、代表監督からの退任を発表した。
 会見に出席したジーコ監督は「およそ4年間の任期を全うできてよかった。悔いはまったくない」と現在の心境を語った。

本当は、悔いだらけだったんだろうなぁ。
ワールドカップ直前にドイツといい試合ができたのに、そこで燃え尽きたかのように1次予選はだめだめでしたからね。

でも、この4年間ホントお疲れ様ですた。
posted by タロウ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。