2006年06月11日

トリニダード・トバゴVSスウェーデン

なんというか、確変したキーパーがいるチームから点をとるのはかなり困難だということを改めて認識できた試合でした。

トリニダード・トバゴに退場者が出たときは、スウェーデン相手に10人じゃ難しいかなって思ったんだけど、攻められることで逆に集中できて、守り切れたんじゃないですかね。
それに、11人対10人ていうのは意外に難しいっていいますし。

しかし、スウェーデンの20番のアルバック
見事な動き出しから抜け出してシュートを打ってもキーパー正面だし、サイドからのボールにつっこんでも間に合わないし、天誅殺じゃねーかと思うぐらいついてませんでしたな。

posted by タロウ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。