2006年06月10日

ドイツVSコスタリカ

波乱が起こることを期待してたんですけどね。。
特に、1点先制されたあと、コスタリカが追いついたときには、かなり期待が持てましたよ。
まぁ、開幕前に格下と思っていた日本と引き分けてしまったというのが、かなり堪えてんじゃないですか。

しかし、この試合のドイツのゴールはどれも素晴らしかったですね。

特に、ドイツ1点目のラームのゴールと4点目のフリンクスのゴールは、今大会のベストゴールに入ってもおかしくないぐらいのゴールでしたよ。

ディフェンスがまだまだやばそうですけど、これだけ攻めれれば今回もいいところまで行くんじゃないでしょうか。
posted by タロウ at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。