2005年01月27日

中田浩二の移籍その2

その2ってもんでもないですが。。

新聞にはジーコが後押しをしたとかいろいろ書いてありましたが、
中田浩マルセイユ決定!ジーコ監督祝福
ジーコ監督が力になってくれた。宮崎合宿中に現状を説明した時「鹿島のために頑張ったし、行って来い」と喜んでくれた。異例の代表合宿離脱となるが、ジーコ監督は「彼のこれからの人生を左右する大事な時期だし、数日間いなくなるのは痛いけど仕方ない。今までしっかりやってきたのは知っているし、信頼している」と笑顔で送り出した。

中田本人にとってはフランスのビッククラブからのオファーなので、このチャンスを生かしたいって気持ちが強かったんだと思います。
※ヤナギも隆行もいっちゃなんですが、中小クラブでしたからね。。
※そういえばレオナルドはパリサンジェルマンだったな

フランス在住に日本人の方も慶んでくれているみたいですし、ことの経緯はどうであれ、今度はマルセイユの中心選手になり、鹿島のときと同じようにサポーターに愛されるよう頑張って欲しいです。
フルールさん、コメントありがとうございました!!

あと、ことの経緯というものを鹿島と代理人の田邊伸明さんにちょっとだけでも出してもらえると今後の参考にもなると思うんですけどね。

posted by タロウ at 18:43| 宮崎 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。