2004年10月22日

阪神もお金渡してたんだって

さっき、大泉オズさんのコメントに「阪神もやってたりして」なんて書いてみたんですが、ホントだったみたいです。。
阪神も現金授与、久万オーナーが辞意
阪神は22日、明大野球部に所属していた一場靖弘投手(22)に約25万円の現金を授与していたことを発表し、その責任を取って久万俊二郎オーナー(83=電鉄本社相談役)と野崎勝義球団社長が辞任の意向を示した。

なんか、「責任とってやめます」って逆に責任逃れのような気がしますよ。
巨人の人たちがやめたから自分たちもやめざろう得ないって思ってるだけなんですよね。

だったら、責任をもってドラフト制度の見直しとか球団経営の見直し。
というか、プロ野球の構造を徹底的に見直してから、やめてくださいよ。

それから、こういう話題は日本シリーズが終わってからにしましょうよ。
こんなんニュースで新聞の1面のったりしたら、中日と西武の選手やファンに失礼ですわ。
posted by タロウ at 20:10| 宮崎 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一場投手は日本でやっていけるの?

また、明治大学の一場投手が話題になってます。
今度は、横浜からお金をもらってるのがばれちゃったみたいですね。
横浜が一場投手に現金 砂原オーナー辞任へ
今秋のプロ野球ドラフト会議の注目右腕で明大野球部に所属していた一場靖弘投手(22)の獲得をめぐり、横浜のスカウトが日本学生野球憲章で禁止されている金銭の授受を行っていたことが22日、明らかになった。

これに対して、一場投手は
野球は続けたい 一場投手がコメント
〜略〜
できることなら野球は今後も続けたいと思っております。

続きはこちら
posted by タロウ at 11:44| 宮崎 | Comment(8) | TrackBack(25) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。